ギャラリーグレース

京都祇園のアンティーク・ギャラリーグレースのBLOG
by gallerygrace
bookmark
カテゴリ
全体
グラス
レストラン
BAR
書籍
その他
パリ買付け9/07
ロンドン買付け9/07
パリ、ロンドン買付け Aug/08
動画
バカラ・グラス
バカラ・その他
香水瓶
プレート
ボウル
コスチュームジュエリー
コンポート

照明
パリ、ロンドン買い付け mar/10
ラリック
NYANKO
Delvaux デルヴォー
Lobmeyr ロブマイヤー
紋章グラス
Emile Galle
花瓶
ヴァセリングラス
Champagne
パリ買付oct2010
ロンドン買付oct2010
フリーメイソン
Cocktail 鶏柄
ロンドン買い付けMar.2011
パリ買い付けMar.2011
ロンドン買い付けOCT.2011
パリ買付けOCT.2011
デカンタ&グラス
Paris 2012 aug
London 2012 aug
2012 san sebastian
クリコ&キャリコ
BAR RADIO
デキャンタ Decanter
陶磁器
PARIS買い付けWINTER 2013
LONDO買い付けWINTER 2013
PARIS買い付け MAY 2013
LONDO買い付けMAY 2013
パリ、ロンドン買付け Nov/13
Daum Nancy ドーム・ナンシー
PARIS買い付け OCT 2014
LONDON買い付け OCT 2014
LONDON買い付け MAY 2015
PARIS買い付け JUN 2015
建築
2015 AUG.LON&PARIS
Paris nov 2015
Paris Jan 2016
LONDON APR 2016
Paris June 2016
London June 2016
Venezia June 2016
Paris,Wien July 2016
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 02月
お気に入りブログ
Mino'sLife
検索
最新の記事
Freemasonry "F..
at 2017-05-24 00:00
フリーメイソン サイコロ入り..
at 2017-05-23 00:00
Daum Nancy "KI..
at 2017-05-22 00:00
lobmeyr "Schön..
at 2017-05-21 00:00
Lobmeyr "Schön..
at 2017-05-20 00:00
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
大晦日は香港
実はこの日のブログはもう帰宅して自宅で書いているのですが、しかも
大晦日は香港に移動していて、写真を撮ってないので、とりとめなく
マカオの続きをアップして2008ラストデイのブログとします。

えっと、そうそう。レストラン8があるホテルはGRAND LISBOAという、
老舗リスボアホテルの新館のようなホテルで、タクシーで間違って
老舗リスボアホテルから入って連絡通路で移動したのですが

この、リスボアホテル!とてもエキゾチックでミステリアスでした。

c0108595_1393361.jpg


一階は本や他の人たちのブログでなんとなく目にしていた、”回遊魚”なる
ある職業の奇麗なオネーちゃん達が、本当に沢山、回遊魚してはりました。
映画の様で、ちょっとドキドキしてしまいました〜〜〜

後でしったのですが、このホテルの地下に”純正金銭亀苓膏”
そう、大好きな亀ゼリー屋!しかも、かなり美味しいらしい!!!
が、あるとのことで、あああ、行きたかったなあ〜マカオ近いし安いし
また二泊三日とかで来よう〜と思っています。亀ゼリー食べに。

で、他にヴェネチアンホテルとかも見てきました。

c0108595_151581.jpg


ここは人が多かったです!カジノも賑わってました!賑わっていたので
少しだけルーレットで遊びましたが負けました。
テーブルに異常に強い人がいて、その人の身振り手振りを見ているだけで
カッコよ過ぎて楽しかったです。しかし、ヴェネチアン広すぎ!
あまり魅かれないホテルでした。

私はMGMに泊まっていたのですが、こじんまりしていてSPAもジムも奇麗で
カジノも空いていてのんびりしてるし、何より、キャビアバーがあるのが良いですね〜
帰りに気付いたのですがフロントの奥にはデールチフリーのミュージアムのような
スペースがあってショップも併設されていました。次回来たらゆっくり見てみよ〜

キャビアバーの隣にシャンパンバーもあったので行ってみたら、円形カウンターで
とても普通な感じ。メニューはボトルでもヴーヴとモエとあと何か忘れたけど普通の
だったので、なんだかなあ〜とシャンパンカクテル、フレンチ75にしてみました。

c0108595_244639.jpg


どこも、バブルに建てられた建物!的でとても楽しかったです。

これで、2008年は完結。

明日からまたコツコツと毎日ブログ続けます。
皆さまありがとうございました。
by gallerygrace | 2008-12-31 23:59 | その他
アラン・チャン Alan Chan
ブルータスのマカオ特集に載ってた香港のデザイナー”アラン・チャン” Alan Chan
デザインのチャイニーズレストランエイト”8”に行ってきました。

アペリティフにグラスシャンパンを頼んだら、銘柄を選んでとメニューを。
c0108595_1145476.jpg

ビルカール・サルモン キュヴェ・ニコラ・フランソワ・ビルカール 1996
エグリ・ウーリエ ブリュット・トラディション NV
中華レストランのグラスシャンパンとは思えない、素敵なチョイス。

しかし、、、、両方在庫切れとかで、新しいメニューを渡され、それにはモエと
テタンジェが書かれてました。まあ、これが普通。

誌面写真では壁面に金魚が描かれており、中心にキラキラボールがあるのですが
なんと、この金魚は刺繍〜

c0108595_2481253.jpg


光のボールは上から細い水が落ちてきてクリスタルボールを伝って落ちる
水の糸でとても奇麗でした。

c0108595_1124100.jpg


昨日はホテルの中華で、ナマコって英語でなんだっけ?と、メニューを見ながら
探したけど判らなかったので、店員さんに、IN THE SEA ,GUAMといいながら
手で、ナマコの形を伝えたのですが、二人目の店員さんで判ってもらえました。
SEA CUCUMBER シーキューカンバー(海のキュウリ)でした。
”グアムの海にいる中華食材”これほど分かりやすいニュアンスは無いよ〜
と、思っているのですが、それは間違いなんでしょうかね?
(昔、グアムに行った友人数人からナマコが居過ぎて気持ち悪いと聞いて
いたので、グアムの海=ナマコは世界の常識なのかと。)

料理は難なく、美味しく色々と頂けたのですが、私はこれだけはちょっと、、、

c0108595_1123439.jpg


鳥のタンですが、リアル過ぎて、沢山の鳥を想像してしまい、、、ウェ〜〜〜

楽しく食事が出来て、価格も(選ぶものによりますが)とてもリーズナブルでした。
円高万歳です。
by gallerygrace | 2008-12-30 23:59 | その他
ペトロシアンのキャビアが〜
MGMの中のロシアンバーにキャビアをチェックに行きました。
流石円高!この店のPetrossianの最上級、30gですが、1700香港ドル。
約2万円です。夏のパリでは高過ぎて食べられなかったので。

c0108595_7403162.jpg


あ、これはグラススタジオ。きっと本物。

c0108595_741142.jpg


とても美味しかったです。
by gallerygrace | 2008-12-29 23:59 | その他
デール・チフリー Dale chihuly
アメリカで最初の人間国宝に選ばれたガラスアーティスト、デール・チフリー
ラスベガスのベラジオの天井の装飾で有名ですが、シアトルの水族館や
ベナロヤ・ホールその他数多くの場所でその作品を鑑賞出来ます。

c0108595_9412597.jpg


これは、マカオMGMホテルのロビー上のチフリー。
ラスベガスのベラジオと比べると、数が少なく物足りませんが、綺麗です。

マカオのカジノはなんだかガラガラで、活気がないです〜
少しルーレットとスロットをして、シャンパン代を稼いで終了。

思ったよりはアジア感が低く、建物はとても綺麗なので楽しいです。

あ、このデール・チフリーうちの店でも一時、扱ってたんです。
今でもペルシアン・シリーズの作品が一点ありますので、
ご興味のあるかたは問い合わせて下さい〜〜〜。

そうそう、八坂神社、高台寺近くの安井金比羅宮には、なんと、ガラスの部屋
というのがあってデールチフリーの作品が鑑賞出来ます。
”3m×4mのガラスの床を透かして見る現代アメリカの工芸作家デイル・チフーリの
大作「海の神」(この部屋のために製作されたもの)”

当時、宮司さんがチフリーの作品を気に入って購入した作品の為に、ガラスの床の
部屋を作られた事に、こんな日本の神社に展示してもらえるなんて!と、
チフリーが感激して、制作された素晴らしい作品です。

他にも、ガレやドーム、ルソーにワルター等、素晴らしいガラスも展示されているので
是非、京都に来られた際は安井金比羅宮に行かれる事をお薦め致します。

カジノ横にあるVeuve Cliquot Barはサッカーの映像がスクリーンで流れていて
スポーツ・バーの様でした。おつまみ入れに出てきた器が、グラススタジオの器?
まがい物?どっちなんでしょ。グラススタジオの友人にチェックしてもらおうと
写真撮りました。見てね。

c0108595_1119108.jpg

by gallerygrace | 2008-12-28 23:59 | その他
バカラのLa tour maubourgで Vin Chaud
祇園縄手のEL TESOROで、ヴァン・ショー(ホットワイン)を作ってもらいました。
基本的にはオレンジジュースとワインを暖めたものですが、店によって
色々なレシピで作られます(この日は聞くの忘れました)マスターの大塚さんは
甘いカクテルを作るのがとてもお上手です。

c0108595_22401536.jpg


これだけ厚いグラスだと割れる心配無し(急な温度差は駄目ですが、お湯で洗って
温めたグラスなら大丈夫。)湯気が撮りたかったのですが、やはりまだ
カメラを使いこなせていなくて、う〜ん。難しい!というか、全然飲んでない時
から撮り始めないと駄目です。

去年の5月に改装されてから、個室も出来て、カウンターも広く、更に良いバーに
なりました。洋食店で修行されていたスタッフがいらっしゃるので、お腹がすいていても
安心して来られます。昨日食べたカルボナーラ、美味しかった。
by gallerygrace | 2008-12-28 00:01 | グラス
Baccarat ブランデーグラス
これは、カルバドールに友人がキープしているバカラのブランデ−グラス。
グラスに目盛りが打ってあって、LADY、GENTLEMAN、子ブタ、親ブタ
の表示があります。
c0108595_19453448.jpg

まあ、ブタの目盛り迄、誰も飲まないでしょうが!
あ、判り易い写真があった。
c0108595_19511343.jpg

いいなあ、このグラス。私も欲しいです。
by gallerygrace | 2008-12-27 19:51 | グラス
カルバドール
祇園から車でワンメータ程の二条寺町のビルの二階にあるカルバドール
とても素敵なシックで落ち着いたバーです。
店名の通り、カルバドスの種類の豊富さは驚く程です。
毎回、聞いてるけど全く覚えられませんけどね。

c0108595_19242110.jpg


写真のグラスは林檎だと思い、友人がプレゼントしたグラスですが、
良く見たらなんだかミカンにも見えるし、、、???
フランスのデルボー Delvauxのデザートのリキュールを飲む用?の
小さくて可愛らしいグラスです。このような、これって何?みたいな
適当なデザインのエナメル彩のグラスってこのデルボーと言うメーカーに
多いのですがとてもフランスらしくて好いですよね。

このグラスの後ろのカルバドスはエイドリアン・カミユの100年もの。
コレを楽しい会話をしながらゆったりと味わっていると、
至福の時を感じられます。

バー巡りでCanon Powershot G10の性能を!と、思いきや、ミニ三脚を
忘れたのでイマイチ。ピントの合わせ方のコツをまだまだつかめていません。
by gallerygrace | 2008-12-26 23:59 | BAR
バカラ  オパリンガラス
一見、陶器のように見えますが、ガラスです。
オパリン、オパルセント、オパレッセン、オパールガラス、ミルクガラス等、
様々な呼び方がありますが、酸化錫やリン酸で発色させた
乳白色のガラスの事です。

c0108595_11324054.jpg


バカラでは、19世紀前半から後半にかけて、多数のオパリンガラスを使用した
花瓶やコンポート、グラスが創られました。
このようにエナメルが施されているものが多いです。

この小さな王子様と青い鳥は、花瓶、グラス、ボンボン入れがあるのですが、
どれも淡く美しいエナメルにシャープな金彩の飾り模様が施され
ファンシーにならず、高貴な仕上がりになっています。
バカラのシールが底に貼ってあるのが残っていたので
100パーセントバカラです。
by gallerygrace | 2008-12-25 23:59 | グラス
X'masEve は 松田聖子
松田聖子 ディナーショーに連れて行ってもらいました!
デビュー1980年から1982年までコンサートで青いサテンのハチマキ
巻いてたんで、26年?振りの"SEIKO MATSUDA"。

やはり、スターでした。

で、今日のグラスはうちの店にある中で一番聖子ちゃんぽいの。

c0108595_2572980.jpg


ロブマイヤーの1880年頃のエナメルシリーズです。
一見、ファンシーですが、創りは底面に至る迄職人の技です。

風立ちぬは作詞松本隆/作曲大瀧詠一だし。名曲多いですよね。
しかし、髪型が今見てみると凄いですね〜(ちょっと手前に写る榊原郁恵の
ターコイズブルーのベルトも謎。)

当時の曲なら歌詞見ないで二番迄勝手に口ずさめるから、本当に
若い頃の記憶力って凄いですね。

なんだか、蒼いフォトグラフな気分のコンサートでした。
ありがとうございました。イブにコンサートって良いですね。
あ、ディナーショーだった。
by gallerygrace | 2008-12-24 23:59 | その他
ロブマイヤー  
この1880年代製のグラスのデザインは”ミラマーレ”と呼ばれるルードヴィヒ・ロブマイヤーによるものです。(別冊太陽 骨董をたのしむー45 ロブマイヤー・グラスの世界71P参照)ロブマイヤーは完成度の高いグラスが多く。私の認識ではバカラより上のレベルの皇室と職人の歴史を感じる気品漂うグラスです。

c0108595_23354422.jpg


グラヴィールはやはりロブマイヤーだな。
by gallerygrace | 2008-12-23 23:36 | グラス