京都祇園のアンティーク・ギャラリーグレースのBLOG
by gallerygrace
bookmark
カテゴリ
全体
グラス
レストラン
BAR
書籍
その他
パリ買付け9/07
ロンドン買付け9/07
パリ、ロンドン買付け Aug/08
動画
バカラ・グラス
バカラ・その他
パリ買付2018夏
香水瓶
プレート
ボウル
コスチュームジュエリー
コンポート

照明
パリ、ロンドン買い付け mar/10
ラリック
NYANKO
Delvaux デルヴォー
Lobmeyr ロブマイヤー
紋章グラス
Emile Galle
花瓶
ヴァセリングラス
Champagne
パリ買付oct2010
ロンドン買付oct2010
フリーメイソン
Cocktail 鶏柄
ロンドン買い付けMar.2011
パリ買い付けMar.2011
ロンドン買い付けOCT.2011
パリ買付けOCT.2011
デカンタ&グラス
Paris 2012 aug
London 2012 aug
2012 san sebastian
クリコ&キャリコ
BAR RADIO
デキャンタ Decanter
陶磁器
PARIS買い付けWINTER 2013
LONDO買い付けWINTER 2013
PARIS買い付け MAY 2013
LONDO買い付けMAY 2013
パリ、ロンドン買付け Nov/13
Daum Nancy ドーム・ナンシー
PARIS買い付け OCT 2014
LONDON買い付け OCT 2014
LONDON買い付け MAY 2015
PARIS買い付け JUN 2015
建築
2015 AUG.LON&PARIS
Paris nov 2015
Paris Jan 2016
LONDON APR 2016
Paris June 2016
London June 2016
Venezia June 2016
Paris,Wien July 2016
paris london 2017 6月
2017 Newyork
Paris Feb 2018
CAR VACE
Paris,Ibiza,Nice2019
DAUM NANCY ドーム・ナンシー
未分類
最新の記事
THOMAS WEBB LO..
at 2020-01-16 23:53
Baccarat Cut D..
at 2020-01-15 23:54
Baccarat Japon..
at 2020-01-14 23:36
Baccarat Japon..
at 2020-01-13 23:52
St-Louis Goldp..
at 2020-01-12 23:50
以前の記事
2020年 01月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 02月
検索
お気に入りブログ
Mino'sLife
外部リンク
画像一覧
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Stevens&Williams 白鶏 in the glass
ラストは、白鶏です。
Stevens&Williams 白鶏 in the glass_c0108595_01474664.jpg
爽やか系です。
Stevens&Williams 白鶏 in the glass_c0108595_01495407.jpg
ちょっと、写真撮り忘れたので、安易な写真です。
やはりストロボないとだめですね。
Stevens&Williams 白鶏 in the glass_c0108595_01502481.jpg
何でも合いそうです!
Stevens&Williams 白鶏 in the glass_c0108595_01512023.jpg
ヨーグルトドリンク入れてみました。
コケコッコーってカクテルです。

Stevens&Williams 白鶏 in the glass
(WEBSHOPにリンクしています。)







by gallerygrace | 2017-12-25 02:11 | グラス
Stevens&Williams 黒鶏 in the glass
スティーヴン&ウイリアムスのシックな
黒い鶏のカクテルグラスです。
Stevens&Williams 黒鶏 in the glass_c0108595_01043700.jpg
脚までちゃんと細工されています。
Stevens&Williams 黒鶏 in the glass_c0108595_01042767.jpg
この素晴らしい細工は"Bill Swingewood"が施しています。
MUST BUYなグラスです。
Stevens&Williams 黒鶏 in the glass_c0108595_01064260.jpg
他にも馬や犬のグラスもあります。
Stevens&Williams 黒鶏 in the glass_c0108595_01154687.jpg
やはり、カクテルグラスはBARで撮影したほうが良い。
イマイチな写真ですがまあ、また。

Stevens&Williams 黒鶏 in the glass
(WEBSHOPにリンクしています。)






by gallerygrace | 2017-12-24 00:50 | グラス
Stevens&Williams ツバメ in the glass
Stevens & Williams スティーヴン&ウイリアムスの
カクテルグラスです。普通はニワトリですが、
これは、超レアのツバメ!
Stevens&Williams ツバメ in the glass_c0108595_00162369.jpg
このBALL内の糸みたいに見えるのはガラスが糸状に伸びたもの。
手作り感があって良いです。
Stevens&Williams ツバメ in the glass_c0108595_00164414.jpg
オーストリアの国鳥はツバメですね。
オーストリアの村つばめ”Dorfschwalben aus Österreich”
というワルツをヨーゼフ・シュトラウスが作曲しています。
Stevens&Williams ツバメ in the glass_c0108595_00182917.jpg
ツバメといえば、ヤクルトスワローズですね。
ヤクルトを入れてみました。
(コンビニでヤクルトだと思って買ったら、
ヤクルトの入れ物に限りなく似たヤクルト風
の、飲み物でした。)
Stevens&Williams ツバメ in the glass_c0108595_00272881.jpg
なんだか、安っぽい入れ物に入ったヤクルト風ドリンクも
このグラスに入れると、とても美味しく飲めます。
グラスで味まで変わるのですね。
私、一脚これの傷物を所有していて、愛用しています。

高さ11,5cm 口径5.4cm
容量8分目/満水 : 60/90ml

Stevens&Williams ツバメ in the glass
(WEBSHOPにリンクしています。)










by gallerygrace | 2017-12-23 00:02 | グラス
フリーメイソン ゴブレット 2
昨日からの続き、シンボル事典が届きました。
思ったより大きな本でとても見やすい!
フリーメイソン ゴブレット 2_c0108595_23152184.jpg
昼を支配する太陽は、東から昇り西に沈むので、
フリーメイソンのロッジは正確に
東西軸に位置しているそうです。すごいな〜
メイソンの魂の象徴だそうです。
フリーメイソン ゴブレット 2_c0108595_23112234.jpg
Gは、神、宇宙の大いなる幾何学者で、とりあえず中心です。
三角形が二つ合わさった星形は、ソロモンの印。
六芒星ですね。
一番下の三角に何か下がっているシンボルは
事典に載ってる一番似ているのが、水準器。
感覚、情動、精神の作用において、均衡と平等を
用いることの教えだそうです。
フリーメイソン ゴブレット 2_c0108595_23382280.jpg
夜を支配する月は、う〜ん。私の微弱な国語力では難しくなってきた。
まあ、太陽があって月があり、全ては調和みたいな感じ。
下のシンボルも複合化されてるのかもだけど本体はスキレット。
鋳鉄製フライパンではなく、建築に使われていた道具で、
中央にピンがあって、糸が巻いてあり そこから糸を引っ張って
地面に印をつける道具です。
中心を知ることによって自分の存在を見出すとのこと。
フリーメイソン ゴブレット 2_c0108595_22322333.jpg
もう、疲れ果ててきた。
実は意味がありすぎて、国語力が無いと短くまとめられない。

一応、コンパス。直角定規ですが、
これは、直角定規と両足の隠されたコンパスらしいです。
両サイドの柱も様々なタイプがあって、
まあこのグラスに彫るのにそこまで詳細に考えて無いだろうし
これ以上の知識は私に必要なし。ネット上の検索程度で良いわ。
 この本、このグラスのオマケに付けます!
フリーメイソン ゴブレット 2_c0108595_22325125.jpg
フリーメイソン・ゴブレット1900's 英国 or Bohemia
SOLDOUT



by gallerygrace | 2017-12-22 00:22 | グラス
フリーメイソン ゴブレット
フリーメイソンのグラスは、いくつかあるのですが、これは
実用性がかなり高いグラス。
フリーメイソン ゴブレット_c0108595_22325125.jpg
満水で420ml/八分目で340ml入ります。
缶ビール一本入れてみました。
フリーメイソン ゴブレット_c0108595_22493523.jpg
ロックグラスとしても良い感じです。
フリーメイソン ゴブレット_c0108595_22500671.jpg
高さ11cm/口径7.7cm
1900's 英国 or Bohemia
フリーメイソン ゴブレット_c0108595_22322333.jpg
せっかく書籍を買ったので、つづきにシンボルの解説を。


by gallerygrace | 2017-12-21 22:25 | グラス
フリーメイソン博物館 in LONDON 3
フリーメイソン博物館だけで、blog、3記事も書けた!
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_01335760.jpg
今まで、フリーメイソンの陶磁器は買った事なかったのだけど
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_01544021.jpg
興味深いものがいくつかあります。
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_01570861.jpg
貯金箱・・・?
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_01574852.jpg
このお皿、Belleekベリーク製なんだって。

フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_02013979.jpg
スカルマークのものも結構あります。
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_02021551.jpg
月と太陽、コンパス、定規、柱、、、すべて様々な意味があるのですが
コテのデザインを初め見たとき、なぜ、コテ?(鏝)
と思ったら英語のセメントには、結合、絆という語義もあって
それを塗るコテは友情や調和、平和の象徴として使われるなど
書籍を読むと結構楽しいです。
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_02034099.jpg
私も店に、こんなマーク欲しい。
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_02043773.jpg
wikiフリーメイソンにも多少の説明は載ってます。
でも、フリーメイソンの書籍って本当にたくさんあります。
検索してたらフリーメイソンシンボル事典って本見つけたので
今、買いました。水曜日到着だって。
宗教的な事より、シンボルの考察が主体らしくピッタリな本。
楽しみです!
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_15183984.jpg
これも、よく見るとシンボルが描かれています。
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_15220552.jpg
トイレのドアノブも、六芒星。
フリーメイソン博物館 in LONDON 3_c0108595_15230859.jpg
この、ブルー&ベージュはお上品な組み合わせですね。
THE LIBRARY AND MUSEUM OF FREEMASONRY
ロンドン探索の合間に是非。
パリにもあるらしいので次回、行ってみよ〜
あ、私、会員でも信者でもなく、デザインのファンです。
うちの店、G.Gだから特に。


















by gallerygrace | 2017-12-20 00:00
フリーメイソン博物館 in LONDON 2
展示物も多種ありますが、私が写真撮ったのはほぼグラス。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01101289.jpg
エナメル彩のものは珍しい!
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01111202.jpg
私、これらの形のグラス好きで、全種類買ったことあるわ〜
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01122243.jpg
色被せガラスものもあるけど、なんだかグラヴィールがイマイチで
あまり惹かれない。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01134229.jpg
シンプルで良いですね。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01154806.jpg
さすが、博物館。見たことないものが沢山ある!
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01164447.jpg
コレ、私が一番好きな、底にサイコロが三つ入っているグラス。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01243887.jpg
フリーメイソンのグラスは、デザインがカッコイイのと
歴史的にも重要なグラスなので惹かれます。
どのような宗教なのかはあまりよく知らないのですけど。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01264841.jpg
底が厚いグラスが多いのは、Firing(発砲) Glassといって
乾杯した後に、皆で、テーブルにグラスを叩きつけて音を鳴らす
風習があったからです。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01312453.jpg
この、シャンパンフリュート、欲しいです。
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01321556.jpg
この、デカンタも欲しい!
フリーメイソン博物館 in LONDON 2_c0108595_01324218.jpg
WEBBかな?Lobmeyrかなと思うほど素晴らしいグラヴュール。
他にも沢山ありました。
また時間あるときに立ち寄ってゆっくり見たいです。
フリーメイソンの書籍、持ってたと思うんだけど、
探してみよ〜。














by gallerygrace | 2017-12-19 01:40
フリーメイソン博物館 in LONDON 1
"The Library and Museum of Freemasonry "
前から行きたかったフリーメイソン博物館に行ってきました。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00132488.jpg
入場料は無料です。入口で、会員ですか?と聞かれます。
うっかり、YESと言ってしまいましたが、どう言っても関係ないみたい。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00152339.jpg
なんだか、とても内装が素晴らしく!
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00155103.jpg
写真は撮り放題です。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00162970.jpg
特に天井がカッコイイ!
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00170705.jpg
照明器具もイイです。とてもスタイリッシュなアール・デコ。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00182289.jpg
多少、オリエンタルさも感じます。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00191168.jpg
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00221057.jpg
展示物もとても見やすく、混んで無いので最高です。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00225779.jpg
当然、天井高いです。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00294348.jpg
低い場所にはこの照明。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00373791.jpg
たくさん部屋があります。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00524451.jpg
ホント、非常口のマークは美しい内装には違和感が。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00544828.jpg
ブルー好きな私には素敵過ぎる。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00553455.jpg
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00555349.jpg
とても大きな椅子です。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00565451.jpg
トイレの鏡は新しいかな。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00575436.jpg
見所いっぱいですが、こじんまりしてるので
ゆっくりじっくり見られて良いです。
フリーメイソン博物館 in LONDON 1_c0108595_00583835.jpg





















by gallerygrace | 2017-12-18 00:07
Autumn in London
NiceからLondonまで、午前中に着のはずが。。。
Autumn in London_c0108595_02274843.jpg
まさかの5時間遅れ。
今まで、あまり問題無かったから、easyjetにしたのだけど、
BAにすれば良かったわ〜一日無駄にしたな〜
まあ、ちゃんと点検してくれて良かったと思おうとラウンジでゴロゴロ。
やはり、プライオリティカードは役立つわ〜LCC乗る人は必携だな。
すっかり飲み疲れてしまいました。
Autumn in London_c0108595_02413527.jpg
iphoneで撮った写真って、飛行機の中でも、ちゃんと撮影地情報が出るのに
今、ビックリ。すごいね〜何処にいたかとか全部分かっちゃう。
Autumn in London_c0108595_02433098.jpg
GTWexpressで VICTORIA からのTAXIで、目的地に着いたのが
18:00頃。お待たせしました〜と仕事して、ご飯食べてチェックイン。
カムデンパッセージエリアはさらに進化していて、こんな
お魚屋さんまでできていてビックリ!
Autumn in London_c0108595_02573857.jpg
高級フレンチデリの店も出来てました。
次来るときには、もっと飲食店が増えてそうです。
Autumn in London_c0108595_03215210.jpg
翌日は、仕事の合間のランチがてら、13;30からアフタヌーンティー
をしてるらしいので、”The Barkeley”のcollins roomに。
プレタポルティー”だって!笑える!
Autumn in London_c0108595_03273643.jpg
見えにくいけど、奥にハイヒールと、水着のボディのアイシングクッキー。
メニューはファッション誌みたい。まあ、これがプレタポルティー。
Autumn in London_c0108595_03303373.jpg
あとは普通。なんだか和食みたいな盛り付け。
記録的に撮った写真なので散々ですが、本来は気合い入れて
インスタ映えする写真撮ってアップしないといけなかったかな。
まあ、アイシングクッキーとメニューで集客が出来てると思うので
素晴らしいアイデアですね。
プレタポルティーって。日本の造語みたい。
10月末に行ったのにまだ夏仕様だったのが残念。
Autumn in London_c0108595_03372221.jpg
まあ、ラフな感じでランチの時間に行けるので良いかと。
ネーミングに惹かれて行ったのでした。
Autumn in London_c0108595_03481640.jpg
ウィンドウはもうクリスマス仕様でした。
Autumn in London_c0108595_03492034.jpg
ホテルの近所のお店。今回は街中のTheMaryleboneに泊まってみたけど
ビジネスホテルぽい感じ。プールとジムがあってヘルシーな朝食というのに
惹かれて予約したけど、私、やはりハイドパークが近い場所が良いかな。
もう寒くてリスがいないかもだけど。
Autumn in London_c0108595_04010175.jpg
最終日に、前から行きたかったフリーメイソン美術館に行きました。
写真が沢山なので明日に載せます。
そこを出てすぐの所にカフェみたいなラーメン屋さんがあって
興味本位で入ってみました。
日本であまりラーメン屋さん行かないけど、海外では行きたくなる。
SHORYUだって。
Autumn in London_c0108595_04085428.jpg
ラーメンも頼んだけど、これが美味しかった。
Autumn in London_c0108595_04093077.jpg
何か忘れたけどこのカクテルも美味しかった。
Autumn in London_c0108595_04100506.jpg
わざわざは行かないけど、また近くに来たら寄ってみようと思うお店でした。
店員さんもほぼ若いロンドンのニーサンネーサンさんで
爽やかでした。



















by gallerygrace | 2017-12-17 02:13
NICE in Autum 2017
やはり、パリも品薄感は当然なので、ニースに行ってみました。
NICE in Autum 2017_c0108595_20135857.jpg
一昨年に行ってから、iphoneの天気予報リストにNICEを入れて
見ていたら、一年中、天候が抜群に良い!

ランチは毎回、ビーチのレストラン。
味は普通。ロケーション重視です。
NICE in Autum 2017_c0108595_01132170.jpg
でも、美味しい店とイマイチな店があるので食べ歩くと楽しい。
皆飲んでるAPEROL飲んでみたけど、可もなく不可もなく。

NICE in Autum 2017_c0108595_20310489.jpg
あ、勿論仕事できてるのですけど。
基本的に、良いお家が多数なので、イイものが普通にあります。
好みかどうかは別にしてなので、そんな欲しいものは無いけど。
NICE in Autum 2017_c0108595_22221255.jpg
写真の様な、クラシックなものが多いのですけど、
数軒、ARTDECO物もあったりします。
NICE in Autum 2017_c0108595_22233359.jpg
蚤の市は、こじんまりしてちょうどイイ感じ。
個人旅行ついでには適切な広さです。
NICE in Autum 2017_c0108595_22243632.jpg
これは、フランスのアンティークの箱。
NICE in Autum 2017_c0108595_22250621.jpg
基本的には、雑多な感じですが、私、ニースに来たいので。
NICE in Autum 2017_c0108595_22271032.jpg
NICEも優雅なワンコのオンパレードです。
NICE in Autum 2017_c0108595_22275145.jpg
また、カメラ付きサングラス買ったから、次回は動画撮影したい。
NICE in Autum 2017_c0108595_23542654.jpg
セグウェイ・ポリス。なんだかお茶目。
これで、ひったくりとかあれば追いかけるんだろうか?
NICE in Autum 2017_c0108595_23561637.jpg
プロムナード・ザングレにいてるベロタクシー。
30min15Euro だけど、1人あたりです。
NICE in Autum 2017_c0108595_00033724.jpg
数百メートル乗るのに15ユーロならイイかと乗ったら、
一人当たりの金額でした!
3人だったので45ユーロでした。ガーン。
NICE in Autum 2017_c0108595_00044764.jpg
この時期は、ヨーロッパのハロウィン休暇だったので五分に一度くらい
飛行機がすぐ近くを横切ります。
私、飛行機が頻繁に横切るビーチが好きなのかも。
NICE in Autum 2017_c0108595_00161179.jpg
まさに、I LOVE NICEです。
NICE in Autum 2017_c0108595_00165092.jpg
風景写真とか全く興味ないんだけど、NICEでは海ばかり撮ってます。
綺麗ですね。また早く行きたいです。
NICE in Autum 2017_c0108595_00192337.jpg
カンヌにも何かあるか行ってみました。
ニースの駅から電車で30分くらいです。
NICE in Autum 2017_c0108595_00230468.jpg
レッドカーぺのところで写真を撮ろうと思ってたのに、無い!
いつもあるわけでは無いのですね。
NICE in Autum 2017_c0108595_00243478.jpg
大好きな、リュック・ベッソンの手形。
グランブルーのイルカのイラスト付きです。
NICE in Autum 2017_c0108595_00252721.jpg
カッコいいクルーザーが沢山あります。
NICE in Autum 2017_c0108595_00261588.jpg
カンヌのビーチは砂浜。
同じく美しいけど、なんだか私はニースのほうが好き。
NICE in Autum 2017_c0108595_00272624.jpg
とっても小さくお上品なワンコちゃんがお散歩。
飼い主のお姉さんも素敵でした。
Cristal Beachってカフェレストランのプライベートビーチです。
ランチして、ビーチに降りてパラソルの下のチェアに寝転んで
夕方まで、水遊びしながらゴロゴロして
何杯かシャンパン飲んで大満足で、全部で150ユーロくらいだった。
間違いでは?まあ、オフシーズンだから?
結局カンヌはビーチでゆっくりしすぎて、もう帰ることに。
UBER呼んで、乗って寝て起きたらニースに着いてた。
NICE in Autum 2017_c0108595_00562732.jpg
ニースに留学されていたお客様に教えてもらった美味しいイタリアンのお店。
電話予約できないけど、予約しないと満席なこのお店は、
初日に行って、満席だと言われ、明日なら空いてると言われて予約。
NICE in Autum 2017_c0108595_00585164.jpg
とても小さなお店で、サーヴィスのお兄さん一人だけどすごくテキパキ。
NICE in Autum 2017_c0108595_00594186.jpg
メニューは超シンプル。
NICE in Autum 2017_c0108595_01024512.jpg
何食べても美味しかった!
NICE in Autum 2017_c0108595_01042276.jpg
スペシャリテはこのバジルのパスタ。
なんとも表現できない美味しさで、もう今後、ニースは
全日、ディネはここでいいかも。
NICE in Autum 2017_c0108595_01173169.jpg
今回も、ネグレスコホテルでした。
次回も、ここにします。

明日はロンドン忘備録。





























by gallerygrace | 2017-12-16 00:00