京都祇園のアンティーク・ギャラリーグレースのBLOG
by gallerygrace
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
bookmark
カテゴリ
全体
グラス
レストラン
BAR
書籍
その他
パリ買付け9/07
ロンドン買付け9/07
パリ、ロンドン買付け Aug/08
動画
バカラ・グラス
バカラ・その他
パリ買付2018夏
香水瓶
プレート
ボウル
コスチュームジュエリー
コンポート

照明
パリ、ロンドン買い付け mar/10
ラリック
NYANKO
Delvaux デルヴォー
Lobmeyr ロブマイヤー
紋章グラス
Emile Galle
花瓶
ヴァセリングラス
Champagne
パリ買付oct2010
ロンドン買付oct2010
フリーメイソン
Cocktail 鶏柄
ロンドン買い付けMar.2011
パリ買い付けMar.2011
ロンドン買い付けOCT.2011
パリ買付けOCT.2011
デカンタ&グラス
Paris 2012 aug
London 2012 aug
2012 san sebastian
クリコ&キャリコ
BAR RADIO
デキャンタ Decanter
陶磁器
PARIS買い付けWINTER 2013
LONDO買い付けWINTER 2013
PARIS買い付け MAY 2013
LONDO買い付けMAY 2013
パリ、ロンドン買付け Nov/13
Daum Nancy ドーム・ナンシー
PARIS買い付け OCT 2014
LONDON買い付け OCT 2014
LONDON買い付け MAY 2015
PARIS買い付け JUN 2015
建築
2015 AUG.LON&PARIS
Paris nov 2015
Paris Jan 2016
LONDON APR 2016
Paris June 2016
London June 2016
Venezia June 2016
Paris,Wien July 2016
paris london 2017 6月
2017 Newyork
Paris Feb 2018
CAR VACE
Paris,Ibiza,Nice2019
DAUM NANCY ドーム・ナンシー
2020 Paris March6-10
未分類
最新の記事
Emile Galle Go..
at 2020-04-08 23:38
Emile Galle Go..
at 2020-04-07 23:59
Emile Galle Go..
at 2020-04-06 23:50
Emile Galle Go..
at 2020-04-05 23:05
Emile Galle Go..
at 2020-04-04 23:38
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 02月
検索
お気に入りブログ
Mino'sLife
外部リンク
画像一覧
記事ランキング
ブログジャンル
クリニャンクール
ちゃんと仕事もしてます〜っていうか、高い!高い!高い!パリです。
クリニャンクールで昔、トレイとピッチャーとタンブラー6個セットの、
色ガラスに鮮やかなエナメル細工が施してある、ルグラのジュースセットを
今まで沢山の数仕入れて売ってましたけど、最近は指向が変わって全然見向きも
しなかったのですが、たまたま、柄が良いタンブラーを”一脚”見つけて、
あ、これいいかも〜と値段を聞いたら、昔、セットで買ってた価格に近い値段を
言われました〜〜〜ビックリ!

別に、全部が異常に高いわけではないのですが、あと、アールデコの照明も
高いです〜もう買えないかも〜
クリニャンクール_c0108595_3553048.jpg

あ、この店が高いわけじゃないですよ!イメージ写真として。

安いものもありますので沢山歩いて歩いて、聞いて聞いて探しました。
昔より探さないと見つかりませんね〜

私が昔からいくつか集めてたアールデコのトレイも、ダサダサのが異常に
高いなあ〜。誰が買うんだ〜!ロシア人?まさか中国人?

と、意外なものが異常に高く感じました。
# by gallerygrace | 2008-08-12 04:03 | パリ、ロンドン買付け Aug/08
カフェ・デ・ミュゼ Cafe des Musees
今回、マレ辺りに泊まる事にしたのは、いつもオペラ、パレロワイヤル近辺
に泊まっているので、ちょっとバカンス気分を感じる為に。

ヴォージュ広場の辺りの環境の良い場所です。散歩すると、
お土産を買うのに気に入っていた、ストール屋さんと、帽子などの
セレクトショップが閉店した模様で残念。タクシー乗り場まで少し歩かないと
いけないのを(でも大した距離ではない)除けば、近くにスーパーも有るし、
とても過ごしやすい場所でした。部屋もキレイで食器など新品が多く清潔でした。
http://www.paris-apartments-for-rent.com/jp/index.html
このサイトで見つけたのですが、日本人のスタッフよりメールが来るので
安心して予約出来ました。

予約は、最初にクレジットカードで予約金をペイパルで支払い、その後、メールで
指示が有り、一部金を銀行振込。オーナーと英語のメールで、何時に着くなどの
待ち合わせをして、保証金(自分の今回は約8万円。日本円で可。)と残りの
残金(ユーロ)を手渡して終了。帰りは、帰る間際に室内チェック後、保証金を
返してくれます。まあ、面倒と言えば面倒なんですけどね〜〜〜

このあたりは昔、服の問屋さん街だったらしく、その時を知ってる方は、こんなに
華やかな所になるとは想像出来ないような場所だったらしいです。
その時、ここにアパルトマン買ってたら、とても良い投資になってたのに〜って。

アパルトマンのすぐ近くにあるカフェ・デ・ミュゼで、朝にクロワッサン&
カフェクレームを飲んでいたら、なんでもこの店には日本人若い料理人が三人も
いるのだとか、とのことで、ランチに再度来てみました。
カフェ・デ・ミュゼ Cafe des Musees_c0108595_2201791.jpg

エスカルゴのシャンピニオン詰め。メチャ美味しい〜ビバ!エスカルゴ
カフェ・デ・ミュゼ Cafe des Musees_c0108595_220358.jpg

野菜のココット。とてもシンプルであっさりしてて美味しい〜
カフェ・デ・ミュゼ Cafe des Musees_c0108595_2205272.jpg

アントルコート、いわゆるステーキ。いつもパリではステーキ良く食べますが
ソースがとても美味しく、付け合わせのポテトが異常に美味しかった〜
お勧めです!

って、どれもマジで美味しかったです!カフェって表示だけどビストロですよ〜。
ランチタイムは現地人で混雑していて賑わってました〜是非、ピカソ美術館
の帰りにでも寄ってみてください。ここで働いていた若い日本人のシェフ達は
将来、日本でお店出すのでしょうかね〜楽しみです。
# by gallerygrace | 2008-08-12 02:20 | パリ、ロンドン買付け Aug/08
Paris plage パリ・プラージュ
出発前にネットであれこれ検索していたら、パリ・プラージュ(海岸)というのを
発見。セーヌ川沿いの道路を7月20日〜8月20日迄の期間、砂浜やヤシの木が
運び込まれセーヌ川のパリ海岸になるのだとか!?何なんだろ〜と探索してきました。

川沿いに多数のデッキチェアやパラソルが並び、誰でも寛ぐ事が出来ます。

Paris plage パリ・プラージュ_c0108595_0124687.jpg


私は今回、マレの辺りのアパルトマンを借りていたので、サンポールから
セーヌ川に出ると、丁度プラージュの端で、そこからルーブルの辺りまで
あるので、丁度よい散歩コースでした。砂浜は、思っていたのとは違い、
巨大な砂場の様でした。まあでも、プールもあり、フィットネスコーナーや
鉄球?、卓球、サッカーゲームコーナーなど、歩いてると楽しかったです。
何ヶ所かに、冷たい霧、ミストシャワーが設置されていてとてもひんやり
気持ち良く、京都の鴨川も、こんなシャワーポイント欲しいなあと思うのでした。

パリ市はなんてセンスの良い街なんでしょう。いちいちカッコイイです。
# by gallerygrace | 2008-08-12 00:33 | パリ、ロンドン買付け Aug/08
夏休みのような買い付けに行ってきました。
何故この時期に?みたいな時期の買い付けですが、色々なスケジュール的に
初めての八月のパリ、ロンドンに行ってきました。
何故かネットが繋がらなかったので、繋がらないのもたまには良いかと
BLOG更新を軽く断念。本日、京都に帰宅して写真をまとめてアップします。
いや〜京都の夏は暑い。今年のパリは涼しく、寒い日もあり、ロンドンなんか
更に涼しかったです。年々、暑くなる京都から脱出してこの時期の買い付け
イイかも〜来年もこの時期にしようかな〜と思うのでした。

夏休みのような買い付けに行ってきました。_c0108595_2353935.jpg

# by gallerygrace | 2008-08-11 23:53 | パリ、ロンドン買付け Aug/08
由布高原美術館で発見!
由布高原美術館のおかげで、一昨年の一日文学散策館の写真もアップ出来たし
ブログも再開出来たし、ありがとうございました。

と、ついでに、、、と思うような最後のネタを。

由布高原美術館で発見!_c0108595_1547040.jpg

由布高原美術館で発見!_c0108595_15471369.jpg


おお!これは!うちの店にある高品質だが、どこのグラスか特定出来なかった
このグラス達と同じ!

由布高原美術館で発見!_c0108595_16533950.jpg


とても老舗のお店からBACCARATの物ですと購入されたそうなので、
バカラで確定かと。(今までは、バカラかもしれません程度にしか説明出来ませんでした)今までより更にお勧めです〜

なので、ウェブショッピングに載せてみました!
http://gallerygrace.shop-pro.jp/


気力が保てる間に他のもアップ出来るよう頑張ります。
# by gallerygrace | 2008-06-20 15:47 | グラス
由布高原美術館 続き & 一日文学散策館
そうそう、由布高原美術館にもう大分前に納めさせて頂いたこの
モーゼルのグリーンの被せガラスのリキュールグラス。
由布高原美術館 続き & 一日文学散策館_c0108595_1411744.jpg


あ!これは、、、

私が一昨年の秋に奈良、吉野山の一日文学散策館という、個人のコレクションを
展示されている、こじんまりしたプライベートミュージアム(耽美派の谷崎潤一郎、永井荷風などの初版本など、デザインがとても美しく、中身とマッチした表紙に感激のものが多かったです。文学好きな方にはオススメです。)におじゃましたとき、そこにも、何脚か仕入れたうちの、このグリーンのモーゼルのグラスの一つを発見してました。ちゃんと、本に合わせてレイアウトしてあるんですよ!

由布高原美術館 続き & 一日文学散策館_c0108595_14391558.jpg

こちらのは顔が正面に置いてあります。(由布高原美術館のは花が正面)

そうそう、他にも懐かしいグラスが本の陳列に綺麗にレイアウトされてました。

由布高原美術館 続き & 一日文学散策館_c0108595_14411100.jpg

ガレのリキュールグラスです。

由布高原美術館 続き & 一日文学散策館_c0108595_14414812.jpg

これもモーゼルですね。

テラスに、ミルフィオーリ(ヴェネチア製)のシェードをとても上手く
使って頂いてました。
由布高原美術館 続き & 一日文学散策館_c0108595_14582666.jpg


こちらも素敵な文学ミュージアムですので吉野山にお出かけの際は是非。
# by gallerygrace | 2008-06-20 14:58
由布高原美術館
ずーっと行きたかった憧れの”由布高原美術館に行ってきました!
もううちの店がオープンする以前よりアンティークグラスを収集されていた
コレクターK氏のコレクションは、壮観でした。

由布高原美術館_c0108595_004615.jpg

メインフロアの二階へ上がったところ。

この期間はフランスのグラス展が開催されていて、当店よりお買い上げいただいた
私が、扱ったグラスの中で、これはもう見つけられないであろうベストテンの
いくつかがありました。

いきなり、一番思い出深いグラスを。
由布高原美術館_c0108595_042695.jpg

由布高原美術館_c0108595_043716.jpg


サンルイの1860年頃でしょうか、猿の音楽隊がグラヴィールされています。
ボルドーの色がたまりません。素晴しいグラスです。
今だったらいくら位するんだろう?と考える余地がないです。
多分、もう出てこないでしょうから。

それと、このグラスの仲間のグラスが、また素晴しい。

由布高原美術館_c0108595_0281079.jpg

由布高原美術館_c0108595_0282218.jpg

由布高原美術館_c0108595_0283674.jpg

同じくサンルイ。上のボウルと、ステムからフットにかけてのデザインが
アンバランスで居ながらとても美しく調和しています。

ステムとフットのホワイト×ピンクが素敵です。ヴェネチアンの技法を
取り入れ、さらにフランスのセンスでレベルアップさせた見事な
コラボレーションです。

次はバカラのデカンタ。良いですよ〜
由布高原美術館_c0108595_049597.jpg

由布高原美術館_c0108595_0505278.jpg


これも同時代のものです。蓋のところにマリア様が。
細工もヴェネチアの最高技術をより正確に。と言う感じで
もう完璧です。この時代のバカラ&フランスのグラスは一番好きな
カテゴリのもので、店にもいくつか有りますが、やはり、これらを見ると
なんだかなあ〜

あ〜こんなグラスに今から巡り会える可能性はあるんでしょうかね?
と、少しな複雑な気持ちにさせるご対面でした。

このフランスのグラスの展示がしてあるのは右手のショーケース一帯です。
由布高原美術館_c0108595_0481412.jpg


他にも勿論、ガレ、ドーム、ルソー等の有名どころもあります。
由布高原美術館_c0108595_0571448.jpg

由布高原美術館_c0108595_0573329.jpg

由布高原美術館_c0108595_1505966.jpg


ガレのカップ&ソーサーでさえ、最近見ないなあ。

そして、私が見た事が無いカテゴリのグラス達が、、、
二階手前のエリアに。
由布高原美術館_c0108595_134731.jpg


古代のローマングラス。見事に銀化しています。それでいてこの大きさで
最高のコンディション!世界的にも貴重ですね。
由布高原美術館_c0108595_173638.jpg


世界各国のグラスも展示されていて、
ボヘミアのグラスも名品が揃ってます。
由布高原美術館_c0108595_1403717.jpg

由布高原美術館_c0108595_141094.jpg


中国の乾隆ガラスも。
由布高原美術館_c0108595_1435364.jpg


日本の薩摩切子も!
由布高原美術館_c0108595_1444590.jpg


長崎ビードロまであります〜
由布高原美術館_c0108595_1452831.jpg


と、きりがないので、是非、一度、由布院に行って
由布高原美術館に行って下さい。
http://kanko.gnavi.co.jp/spot/40/44000340.html

トンボ玉のネックレス等も販売されていて、お土産にも良いですよ〜
# by gallerygrace | 2008-06-14 00:15 | その他
シャンパーニュツアー後半
随分、長く放置してしまいました、、、あっという間にもう半年。
とりあえず完結させておこうと更新します。

続き。そうそう、パイパーのミュージアムで一番興味深かったのがこれ。
大きい写真でないと見えないのですが、ボトルのネックにダイヤのリングが
あったり。とてもゴージャスなんです。ボトルには1976の文字が。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1325389.jpg

CHAMPAGNE RARE de PIPER-HEIDSIECK
Bouteille - Bijou realisee par Van Cleef & Arpels
d'apres une composition originale de Pater Carl Faberge
creee en 1882 pour le premier centenaire de PIPER HEIDSIECK
と、書いてありました。

パイパーの百周年の為に1882年にピーター・カール・ファベルジェが作った
オリジナルをヴァンクリフ・アーベルが再現した!ってかんじでしょうか。

中身よりも外側欲しい~
シャンパーニュツアー後半_c0108595_134254.jpg

で、バスで移動。ノートルダム大聖堂を見学して各自昼食。ここで失敗を!!!

どうせ、あとでシャンパン飲むからここで飲まなくても良いや。
飲み過ぎるとバスで移動だし気分悪くなるし~と、何故か中華料理を。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1344574.jpg

そのあと町を探索。こんな可愛いワンちゃんが居たり。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1352440.jpg

さすがシャンパーニュ地方。のお菓子屋のディスプレイだったり。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_136313.jpg

やはりルイ15世の像が。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1364476.jpg

ランス丘陵のブドウ畑を通り、エペルネーに向かいます。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1372040.jpg

モエシャンドン社に到着。何かのテレビの撮影の人も来てました。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1375954.jpg

モエに入るとマリーアントワネットの絵が。華やかですね~
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1383095.jpg

ロビーにシャンパングラスのシャンデリアを発見!
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1392779.jpg

これは一体どうなっているのか?ズームしてみると。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_145721.jpg

おお~賢い考えですねえ。なるほど。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_140577.jpg

セラーは異常に広かったです。色々説明して下さって、楽しかったです。
シャンパーニュツアー後半_c0108595_1413319.jpg

で、楽しみの試飲。が!普通のモエとロゼしかありません。
しかもまた、すぐに移動させられます~ガーン。

お土産売り場には現行のモエとドンペリしかありません。
なんか、1986年のドンペリがもう入手困難なのであったら買ってきて
と云われてたのですが、聞いてみたら、ここにはヴィンテージは
一切置いてないそうで、、、

ビミョーな気分で帰途につきました。

それなりに楽しかったんだけど、シャンパンはあまり飲ませてもらえないので。
お昼休みに適当なレストランかカフェでシャンパン飲んでおいた方が良いです。

以上、シャンパーニュツアーでした。
# by gallerygrace | 2008-04-25 01:43 | パリ買付け9/07
シャンパーニュ・ツアー1
ネットで予約が楽しかったので、ついついシャンパーニュ地方巡りを
申し込みました。メチャ観光やん〜バスでのツアーです。勉強の為です。

シャンパーニュ・ツアー1_c0108595_704980.jpg


晴れていたので窓からの景色がやたらに奇麗でした。

まずはパイパー・エドシック社に。ディズニーランドみたいな
車に乗ってレールの上を移動。色々なオブジェが楽しく、説明も
日本語なんで面白かったです。

シャンパーニュ・ツアー1_c0108595_76573.jpg


その後試飲。とりあえず出されたのを一杯。

シャンパーニュ・ツアー1_c0108595_7115719.jpg


その先のプチ・ミュージアムは色々なボトルが展示されていて楽しかったです。

シャンパーニュ・ツアー1_c0108595_7133964.jpg


あっというまに時間で移動の為バスに乗り込みます。
# by gallerygrace | 2007-10-05 07:14
パリで飲むシャンパンは何故高いのか?
前からなんとなくパリで飲むシャンパンって安くないとは
思ってたんですが、シャンパン消費者センターの会員になって
少し値段や銘柄の知識が付いてから初のパリなんですが、、、

ラファイエットで買い物中にシャンパンバーで一息。
グラスシャンパン、一番安いので1800円くらいでした。
意味不明に多量の"おかき"のようなおつまみ付きですけど。

パリで飲むシャンパンは何故高いのか?_c0108595_632333.jpg


クリュグだったらグラスで7~8000円だったのでビックリ〜
消費者センターのボスにメールしたら、先日、東京の酒屋で
クリュグ13000円だったとの事。日本が一番安い様な気がします。

良く飲むボランジェ・スペシャル・キュヴェは日本で大体一万円〜
一万五千円迄なんですが、(レストランやバーで)
こちらで飲んだら125ユーロ(20000円)でした。

何でなんでしょ?

ちなみにラファイエットのワインコーナーをうろうろしてたら
DEUTZ(ドゥーツ)がやけに並んでました。

余談。少し食事までに中途半端におなかが空いてたので
カフェでHOTDOGを頼んだらこんなのが!
食べにくいしケチャップもかかってなくてイマイチでした。

パリで飲むシャンパンは何故高いのか?_c0108595_6543473.jpg

# by gallerygrace | 2007-10-05 06:50 | パリ買付け9/07